20131127

バーバリー ロンドン フォーメン EDT・SP 50ml

BURBERRY LONDON FOR MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


圧倒的な機能性と厳格なクラシカル・デザインで、常にロンドン・モードの頂点に君臨し続ける「BURBERRY」。1856年にトマス・バーバリーによって立ち上げられ、150年の間、一貫したバーバリー・スタンスを揺るがすことなくここまでほぼ下降線をたどることなく上昇し続けてまいりました。しかも最上位ライン「バーバリー・プローサム」の評価は、才人クリストファー・ベイリーの手腕によって、現在世界でもトップクラスの評価を勝ち得ております。

こちらはブランド・イメージに忠実な、基本的に大人なフレグランス・ラインから、2006年に発売された新作メンズ香水です。同年発売のレディス香水「バーバリー・ロンドン」とのカップリングとなっております。レディスの高い完成度に見合って、こちらもカッチリと作りこまれたアロマティック・シプレーの香調をベースにしており、モダンなマテリアルを絶妙にブレンドして、洗練したロンドン・ジェントル・マンの雰囲気を見事に表現した、極めてハイクオリティーな逸品に仕上げられております。

ベルガモット、ブラックペッパー、ラベンダー、シナモン・リーブスなどが、トップからビター&シャープなアロマ・スパイスを際立たせ、ミドルではレザー、ミモザ・フラワー、ポート・ワインなどがこちらも甘さを抑えた確固たる大人のアーヴァン・セダクティヴィティーを表出させます。ラストはタバコ・リーブス、ガイアック・ウッド、オークモス、オポポナックスなどが、タフで優しいハードボイルドな貴方の男気を、甘苦い情感の香りでアピールしてくれそうです。

調香はグッチの「ラッシュ・フォーメン」や同じバーバリーの「ブリット・フォーメン」、アルマーニの「ブラック・コード」などを手掛けたアントワーヌ・メゾンデュ。プロデュースは「INTER PARFUMS」です。現時点での、バーバリー香水の最高傑作といっても良いのではないでしょうか。大人の男性ならば、スーツに合わせて、永く愛用できる一品です。バーバリー・アイコンを前面に押し出した、チェックの布を巻いたボトル&パッケージには、ファッションと香水の迎合の意味があるそうです。

20130920

バーバリー フォーメン EDT・SP 100ml

BURBERRY FOR MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 100ml


1856年から続く、イギリスきっての老舗ファッション・ブランド「バーバリー」。もともとは主にコートを中心としていたブランドで、いわゆる「バーバリー・トレンチ・コート」は、バーバリー・チェックという模様の人気ともあいまって、世界的に絶大な支持を集めました。ハイエンド・ラインの現在のクリエイティブ・ディレクター、クリストファー・ベイリーは、この老舗の歴史にすばらしい新風を吹き込んだ、立志伝中のデザイナーです。

こちらはそんな高級メゾンのフレグランス・ラインから、1995年に発売されたメンズ香水です。ラインの三作目のメンズですが、実質これがファーストといってもいい初ヒット作で、現在もロングセラーを続けております。香りはクラシカルでダンディーなウッディー・アロマティックの香調がベース。いかにも英国紳士という感じの、スキのないマスキュリンを描き出す一品に仕上げられております。

ベルガモット、ブラックカラント、グリーン・アップル、ピーチ、ライムなどが、快活でスポーティーなフルーティー・アロマを香り立たせるトップから、 マリーゴールド、ジャスミン、ラベンダー、ミントなどが、クラッシーでエレガントなフローラル・アロマを漂わせるミドルへ。
ラストはシダーウッド、オークモス、サンダルウッド、ムスク、トンカビーンズ、バニラなどが、コクのある奥深いスウィートで全体をドライダウンさせて、おだやかでテンダーなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、エスカーダの「エスカーダ」やジョープの「オール・アバウト・イブ」、パロマ・ピカソの「モン・パルファン」などを手がけた「CREATIONS AROMATIQUES」。プロデュースは「INTER PARFUMS」です。きめこまかく上品な香りで、秋冬のシックなウェアにこのうえなくマッチする一品と言えるでしょう。スーツ・スタイルに合わせると、とても粋だと思います。

ボトルやボックスもたたずまいも見事。特にボトルは、優雅な曲線とクールなキャップが目を惹くすばらしいデザイン。これはアザロやカルバン・クラインの香水ボトルでも有名な、ピエール・ディナンの作品です。

20130815

バーバリー スポーツ アイス フォーメン EDT・SP 50ml

BURBERRY 50ml


2011/12年秋冬コレクションでは、自在なカラー、自在な素材使い、自在なシルエットでもって、バーバリーの伝統を裏打ちした最高峰のモダン・クラシカルを見せつけた「バーバリー・プローサム」。クリストファー・ベイリーがクリエイティブ・ディレクターに就任して、2011年で10シーズンを迎え、バーバリーというブランドのすそ野の広がりと、ベイリー自身のステイタス上昇との相乗効果は、他のブランドがうらやむほどの大成功を勝ち得ております。

こちらはそんな絶好調のイギリス・ブランドのフレグランス・ラインから、2011年に発売されたメンズ香水です。同時発売された「バーバリー・スポーツ・アイス・ウィメン」とのカップリング香水で、さらに2010年に発売された「スポーツ・アイス・デュオ」のリミテッド・エディションとなっております。後々入手が困難になるかもしれませんので、お求めはお早めに。

アクアティック・アロマティックのゼスティ・クールな香調をベースにしていて、シャキッとヴィヴィッドでキリリとハンサム、知的でタフなスポーティブ・マスキュリンをこれでもかと演出するようなアイテムに仕上げられております。

フロステッド・ジンジャー、アイシー・シトラス・カクテル、アイス・クリスタル・アコードなどが、スッと鼻を抜けるような清涼感と透明感のあるスプラッシュ・シトラス・スパイシーを香り立たせるトップから、 シー・ウォーター・アコード、ジュニパー・ベリー、レッド・ジンジャーなどが、ファッショナブルでシャープなアクアティック・スパイシーを湧き立たせるミドルへ。 ラストはシダーウッド、ドライアンバー、ムスクなどが、清潔感のある親しみやすいスタイリッシュ・スウィートを漂わせて、ロマンあふれるメロウなセダクションをアピールしてくれそうです。

プロデュースは、バナナ・リパブリックやポール・スミス、GAPなどの香水ラインでもおなじみの「インター・パルファム」。サマーシーズンにうってつけの、エッジィかつソリッドなアイテムです。ジンジャーのスパイシーなアプローチが絶妙なエキゾチック感をかもし出します。ハイパー・モダンなボトル・デザインも要チェックです。

20130805

バーバリー スポーツ アイス ウーマン EDT・SP 50ml

BURBERRY SPORT ICE FOR WOMEN EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


イギリス・モードのトラディショナル・アイコンにしてオピニオン・リーディングを保ち続けている、ファッション・シーンの雄「バーバリー・プローサム」。もはやウェア・ラインのステイタスはクリエイティブ・ディレクターのクリストファー・ベイリーの手腕にかかっており、ベイリー=バーバリーとして10シーズン経過した段階で、ほかのコンビネーションなど想像が付かないような完成度を輝かせております。

こちらは日本でもトップクラスの人気を誇るそんなブランドのフレグランス・ラインから、2011年に発売されたレディス香水です。「スポーツ・アイス・メン」とのカップリング香水となっております。ペア・フレグランスらしく、ほがらかに香りがユニゾンするような香調ですので、ぜひカップルでお使いいただければと思います。

レディスのこちらはフローラル・アクアティックの、優雅でクリーンな印象の香調をベースにしていて、快活で自身に満ちたフェミニンをしっかりと解放してくれそうなアイテムに仕上がっております。

フレッシュ・ジンジャー、フローズン・マンダリンオレンジ、アイス・クリスタル・アコードなどが、クリアでシャープなアクアティック・クーリッシュを香り立たせるトップから、 カラブリアン・マグノリア、ハニーサックル、プチグレインなどが、ふんわりと涼しげで軽やかなフローラル・ウィンドをそよがせるミドルへ。 ラストはウォームサンド・アコード、ムスク、ヴァージニア・シダーウッドなどが、カラッと明るくラグジュアリーな、スマート・フェミニン・セダクションをアピールしてくれそうです。

プロデュースはランバン、ヴァンクリーフ&アーペル、セリーヌなどの香水ラインも手掛けているインター・パルファム。メンズ同様にシャキッと引き締まったトーンですが、フローラルのやわらかいニュアンスがとびきりチャーミングで清らかな女性らしさを加えております。

春から夏のデイタイムにマッチする香りで、いやみのない香りですので、オフィスシーンなどでもお使いいただけるのではないかと思います。フューチャリスティックなフラコンのボトルも、存在感バツグンのデザインです。

20130616

バーバリー サマー (2011) EDT・SP 50ml

BURBERRY SUMMER FOR WOMEN EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


2011・12年秋冬コレクションでは、ヴィヴィッドからコンサバティブまで、多彩なカラーを駆使したレトロ・モダンなデザインでオーディエンスを沸かせた、ロンドン・モードの至宝「バーバリー」。世界最高峰のディレクターであるクリストファー・ベイリーの率いるバーバリーも10シーズンを迎え、もはやバーバリーといえばベイリーなくしては語れないほどの、圧倒的な協調関係を築きあげております。

こちらはそんな人気ブランドのフレグランス・ラインから、2011年に発売されたレディス香水です。このラインを代表するレディス香水で、ヨーロッパでロングセラーを誇っている1995年の「バーバリー・ウィメン」の年度サマー・リミテッド・エディションとなっております。高いユーティリティとエレガンスを結合させたオリジナルの感覚はそのままに、さらにフローラルを加えることでよりいっそうの華やかさを与えた、フレッシュ・フローラル・グリーンの秀作に仕上がっております。

ポメグラネイト(ザクロ)、マンダリン・オレンジ、グリーン・リーフなどが、活力と清潔感をあわせもつモダンなシトラス・グリーンを香り立たせるトップから、 ローズ、フリージア、リリー・オブ・ザ・ヴァレイ(スズラン)などが、颯爽とした印象の、ダイナミックなフローラル・ノートを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはシダーウッド、サンダルウッド、ホワイトムスクなどが、大人っぽいつややかなウッディー・スウィートを漂わせて、ラグジュアリーなフェミニンをしっとりとアピールしてくれそうです。

プロデュースは、バナナ・リパブリックやセリーヌ、ランバンなどの香水ラインも手掛けている、シーンを代表する香水プロダクション・カンパニー「INTER PARFUMS」。全体的にオーソドックスなブレンドでありながら、どちらかというとコンテンポラリーな趣きがあり、香水通に好まれそうな香りなのではないかと思います。凛々しいイメージの香りなので、プライヴェートなシーンはもちろん、ビジネス・シーンでも活用できそうです。

ボトル&ボックスの洗練されたデザインも魅力的。いつもながらバーバリー・チェックの使い方が見事です。

20130419

バーバリー サマー (2007) EDT・SP 50ml

BURBERRY SUMMER EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


今年のミラノ・コレクションも好評だった「バーバリー・プローサム」。日本におけるファッション・アイテムの売り上げトップ3に入るこの人気ブランドは、クリエイティブ・デザイナーのクリストファー・ベイリーの指揮の元、伝統と格調を崩すことなく常に飽くなきイノヴェイションを押し開き、ここのところシーンの最重要ブランドの一角を再び担っております。

こちらは香水シーンでも抜群の輝きを見せるバーバリー・フレグランス・ラインから、2007年に発売されたレディス香水です。ラインとしては初の試みとなる、2007年度サマー・リミテッド・ヴァージョンで、メンズとのペア香水となっております。

何となくこれから恒例化させようという思惑を感じさせますが、香りはフルーティー・フローラル・ウッディーの、オーソドックスで使い勝手のよい香調をベースにしており、香水ビギナーのデイリー・ユースにぴったりな当たり障りの無さの中にも、ちゃんとクラシカルな品を醸し出させるところが、さすがバーバリー・ブランドと言ったところでしょうか。

ベルガモット、マンダリン、グレープフルーツ、グリーン・アップルなどが、シャキッとフレッシュに弾けるようなフルーツ・バスケットを香り立たせるトップから、 フリージア、ローズ、ロータス・フラワー、シクラメンなどが、グッとエレガントなラグジュアリー・フローラルを沸き立たせるミドルへ。
ラストはサンダルウッド、シダーウッド、ホワイト・ムスクなどが、それまでの香りに艶やかなウッディー・スウィートを加えて、大人のセンシュアリティーをまろやかにアピールしてくれそうです。

調香のプロデュースは、他にポール・スミスやセリーヌ、クリスチャン・ラクロワなどの香水ラインを手がけている、大手の「INTER PARFUMS」。オールマイティーに活用できそうな、この系統の王道を行く香りで、デイタイムであればオールシーズンで重宝するのではないでしょうか。特にプライヴェートなカジュアル・タイムを演出するのにベスト・マッチでしょうか。ころっとしたボトルのフォルムも愛らしいデザインですね。パッケージのデザインも非常にキュートです。

20130328

バーバリー ウーマン EDP・SP 50ml

BURBERRY EAU DE PARFUM SPRAY 50ml


英国ブランドのプレステージとして、150年の歴史と伝統を誇る「BURBERRY」。その格調高いエレガンスを放つデザインのウェアは、昔からスターやロイヤリティーに愛され続けており、英国御用達の厳格なブランドのモチーフを崩さずにモダンなアプローチを展開しているクリストファー・ベイリーによるコレクションは、毎年毎年安定した評価を勝ち得ております。こちらは人気アイテムを魂胆とに発表している優れたフレグランス・ラインから、1995年に発売されたレディス香水です。

同年発売の「バーバリー・ライト・ウーマン」と外見がほとんど同じですが、異なる商品ですので、お間違いございませんように。非常にバランスのよいアロマティックなシトラス・グリーン・ウッディーの香調をベースにしており、上品さと快活さを併せ持つ、アーヴァン・テイストに富んだデイリー・ユースに適したアイテムに仕上がっております。

ベルガモット、タイム、ラベンダー、ミントなどが、クールでシャープなアロマティック・シトラスをスパークさせるトップから、ゼラニウム、サンダルウッド、モス、シダーなどが、落ち着いた情感でさらりと洗練されたウッディー・グリーンを香り立たせるミドルへ。ラストはトンカビーンズやアンバーなどが、緩やかでリッチなスウィートで香りをドライダウンさせ、嫌味のないクリアなセンシュアルティーをアピールしてくれそうです。

調香はヒューゴ・ボスの「ヒューゴ」や、パロマ・ピカソの「ミノタウロ」、アイスバーグの「ライト・フリュイド・ウーマン」などを手掛けている「CREATIONS AROMATIQUES」。プロデュースは「INTER PARFUMS」です。今時のバーバリーらしいといえばバーバリーらしいイメージの香りなのではないでしょうか。パンツ・スーツのスタイルにもよく似合いそうです。使い勝手はとてもよく、オールシーズンのデイタイムでオフィスでもカジュアルでも気軽にお使いいただけることでしょう。

その意味では香水ビギナーの方にもオススメできます。ピエール・ディナンのデザインした、とてもシンプルで美しいボトルも好感を持てますね。

20130222

バーバリー タッチ フォーメン EDT・SP 50ml

TOUCH FOR MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


心地よい肌触りをコンセプトにした香水。カップルフレグランスで、レディースと混じりあうとまた違った香りを楽しむことができます。トムクルーズも愛用。シャープで活動的、そして気品と落ち着きを持つ大人のあなたを演出します。

つけすぎても嫌味にならず、初心者にも最適。ウッディーノートをベースに、アルテミシア、マンダリンリーフ、ホワイトペッパー、シダーウッド、ナツメグ、ベチバームスクなどが知的かつ洗練された大人の魅力を引き立たせ、それはまさに香りのタータンチェック。香りがダンディズムを紡ぎます。

ファビアン・バロンがデザインしたボトルがスタイリッシュ。タイトなスーツ姿を連想させます。木製のボトルキャップも秀逸。はつらつとしたビジネスマンなどに最適な香水です。

20130216

バーバリー タッチ フォーウーマン EDP・SP 50ml

TOUCH FOR WOMEN EAU DE PARFUM NATURAL SPRAY 50ml


バーバリーの気品溢れる衣服に包まれるような優雅な肌触りを表現した香水。エレガントを身にまとう感覚です。ウッディーベースに甘美なフルーツ、クールなスパイスを織り交ぜたルミナス・オリエンタルノート。斬新、キュート、気高さ、これらが見事に調和された、お洒落な大人の女性のための香水。

主張しすぎない香りなので、初心者にもお勧め。トップはブラックカラント、デューベリー、ピンクペッパー、ローズオイルなどがキリッと引き締め、ミドルの月下香、ジャスミン、マドンナリリー、ピーチ、ラズベリーなどが甘美を香り立たせ、ラストにバニラ、シダーウッド、オークモスなどが官能的に広がります。

中世のフラスコをイメージしたという素敵なボトル。ともすれば女性のワンピース姿にも見えます。ボトルデザインは天才ファビアン・バロンが手掛けたもの。カップルフレグランスであり、男性用のボトルと合わせるとぴったり収まり、まるで寄り添う男女のよう。香りも男性用と合わせると新しい香りを生み出す。その遊び心が楽しい。

20130213

バーバリー ザ ビート フォーメン EDT・SP 30ml

THE BEAT FOR MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 30ml


抑制されたカラーの中に、限りない今と歴史の融合を果たし、大好評のうちに2009/10年の秋冬コレクションを終えた「バーバリー」。そのポテンシャルの全てが、最高級ライン「バーバリー・プローサム」の動向如何にかかっており、9シーズン目を迎えた才人クリストファー・ベイリーの飽くなきディレクションの妙からも、このプラーサムとの相性の良さが窺えます。

こちらは、日本でも三本指に入るそんな人気ブランドの、こちらもシーンを代表するフレグランス・ラインから、2008年に発売されたメンズ香水です。同年発売のレディス香水「ザ・ビート」とのカップリング香水となっております。どちらも非常に力の入った、ラインの裾野を広げる秀作です。18?25歳程度の男性をターゲットとしており、アークティック・モンキーズやカサビアン、フラタリスといった、現在のUKロックのアイコンをイメージした作品と言われております。

レディスよりもビートの効いた、ハイ・コンテンポラリーなブレンドのアロマティック・シトラス・スパイシー・ウッディーの香調をベースにしており、まさに「今」を追求した卓抜された調香の妙を余すところなく伝える、見事な完成度の作品となっております。

セドラなどのシトラス・ノートとヴァイオレット・リーフ、バーボン・ベチバーなどが、グリーン・ウッディーのダイナミックな情感を奥に湛えた爽快なシトラス・ノートを香り立たせるトップから、 ブラック・ペッパーなどのスパイス・ノートが、キリリとエッジのある、若々しくも抑えたスタイリッシュを感じさせる、いかにもUKモードを感じさせるエキゾチカを湛えるミドルへ。 ラストはレザーウッドなどが全体の香りを残しながらたゆたうような余韻のスウィートを浮かび上がらせ、奥深い内面性と秘めたパッションを滲ませる、タフなマスキュリンをアピールしてくれそうです。

調香は、レディスの「ザ・ビート」やケンゾーの「パワー」、D&Gの「ジ・ワン・フォーメン」などを手掛けたオリヴィエ・ポルジュと、ラコステの「タッチ・オブ・ザ・ピンク」やヒューゴ・ボスの「ボス・イン・モーション」などを手掛けたドミティリー・ベルティエの黄金コンビです。

20130211

バーバリー ウィークエンド フォーメン EDT・SP 50ml

WEEK END FOR MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


「週末」といわず毎日重宝しそうな、さっぱり系の香水です。トップはグレープフルーツ、レモン、ベルガモット、タンジェリン、パイナップル、ウォーターメロンなど。グレープフルーツやレモンの酸っぱさに、その他の甘みが加わり一段と深みが増します。ミドルは白檀、アイビーリーフ、樫木など。心地よいフローラルが身を包みます。ラストはアンバー、ハニーなど。カジュアルな香りなので、スーツなどにも似合いそう。女性受けもバッチリ!

20130210

バーバリー ウィークエンド ウーマン EDP・SP 50ml

WEEK END FOR WOMEN EAU DE PARFUM SPRAY 50ml


まったりとした甘さと透明感を併せ持つライトフレグランス。トップはオレンジ、ネクタリンなどの甘い果実とキンモクセイの葉のスッキリ感が寄り添う。ミドルはローズ、シクラメン、アイリス、ヒヤシンス、ビーチフラワーなどの芳しい花々。ラストはムスク、白檀、ムスクなど。基本的にどんなシチュエーションにでも合いますが、特にぼーっとしているときなどは、まったりしていいかもしれない。